ちりちリーマンの子供に伝えたい人生の教訓

良い考え方だなと感じた生きる知恵まとめ

【お金】長期投資続けるポイント

昨今、優良商品のインデックス投資は20年以上の長期で見れば下がった事はない。

また昨今の好調相場でブームになり、投資をしていない人は情弱だと言う人も増えたのかなと感じています。

ただ、インデックス投資の前提の長期投資がいかに難しいか、感情が揺さぶられるかを感じている人も多いのではないでしょうか。

 

続けるポイントは2つです。

①積立設定を行い自動化する

②余力の範囲で行う

 

①積立設定を行い自動化する

例えば楽天証券楽天カードSBI証券三井住友カード等の組み合わせであれば、月々50,000円までならカード設定で自動積立できます。

かつ、ポイントもつきより効率的に投資できます。

何より設定してしまうことの最大のメリットは、感情が入らない事です。

毎月、決まった日にちがくれば自動的に50,000円積立される。

リーマンショックのような暴落、金利上昇による株価下落、その他の暴落においても、感情の付け入る余地を与えず、淡々と積立つづけられるのが最大のメリットでしょう。

インデックス投資の強さはトリニティスタディで賢い人たちが証明してくれています。

ただ、この長期で続ければの前提が思っている以上に難しいと感じているのではないでしょうか。

人間の感情は一定ではありません。

良い時もあれば悪い時もある、だからこそ自動化することで、より続けやすくなるのです。

 

②余力の範囲で行う

私もそうでしたが、始めた当初は日々株価が気になってしまったりと言うことがありました。

ただ、人生でのはじめての投資でしたので仕方ない事でしょう。

資産運用を始めた当初は、自分が思っている以上に投資余力は高くない事を受け入れましょう。

私の場合、生活の2年分を現金でもち、あとはオールカントリー、米国債で淡々と投資をおこなっています。

余力の範囲である事で、様々な情報に踊らされる事はほとんどなくなったと感じています。

 

上記2点を行う事で、上手に投資に寄り添い、付き合っていけるのではないでしょうか。

ただ、一度投資したからと言って20年絶対引き出してはいけないわけではありません。

優良な投資信託ETF流動性が高いところもメリットです。

気楽に投資に向き合い、後は人生で好きな人との時間や、趣味の時間を存分に楽しめれば良いと感じています。

【お金】インデックス投資の本質

インデックス投資はあくまで長期、少なくとも15年以上できれば20年以上の年月をかけた後是々非々をとえるものであります。

資産形成中にうるのはパフォーマンスをさげかねません。

まさに航路を守れです。

そもそも投資は自己責任です。

現段階では円ベースでみれば円安も重なりまだ暴落したレベルですらなく、本格的にはここからはじまると感じています。

資産形成中の人から見れば「安く買えてラッキー」となっていい状況であります。

あくまでここ10年の相場が好調すぎただけの話です。

インデックス投資はこれまでの数100年、様々な災害や争いを乗り越えて成長を続けています。

シンプルに世界の成長の恩恵を受けるべく、誰を批判するでもなく、自己責任で、投資余力の範囲内で淡々と続けていくだけです。

ただただ淡々と。

毎月100%儲かる話があるなら、全世界の人々がそれに賭け、世界中の人々が億万長者になっています。そんな話は間違いなく詐欺です。

また年率50%などの話も詐欺です。

伝統的な投資である、インデックス投資の本質を理解し、誰を批判するでもなく、自分のペースで是非淡々と積み立てていきたいものです。

【人生】散歩時間の大切さ

昨今インターネットの普及に伴い、莫大な量の情報に瞬時に触れることができるようになりました。

街中を歩いていても、ほとんどの人がスマホ画面と向き合い、ほんの少しでもすきあらばスマホを開き、SNSなどをチェック。

利便性が向上するとともに、溢れる情報に触れるがあまり、本当に大切なものを見失っている可能性も感じています。

もちろん、スマホ、インターネットといった革命を非難するつもりは一切ありません。

非常に素晴らしいものである事は実感しております。

ただ、すきあらばスマホをのぞき情報に触れ続けるだけでなく、あえて情報を遮断する時間を設け、思考を止め、頭を整理リフレッシュさせる事で、より有意義な人生につながると考えています。

そういっためんでも、散歩は素晴らしい時間です。

運動にもなり、歩き、自然を感じることに集中できる、瞑想のような側面も持ち合わせています。

最近はなんでもかんでも理由がないと実施できない風潮に違和感を感じています。

例えば痩せるために走る、フルマラソン完走を目標に走る。など、理由がなければ走ったり歩くことすらできなくなってしまっている人が多いのではないでしょうか。

何かする時に、理由を懸命に探し、大義名分をかかげてから走る、歩く。などなど。

ただ歩こうかな、なんか楽しそうだな、気持ちよさそうだなで十分ではないでしょうか。

全てに理由が必要で、全てお金に繋がらなければ意味がないなど、そう言った風潮に少し偏りすぎているのかなと私は感じています。

歩きたい時に歩き、理由なく自然や時間を楽しめる自由度を自分の中には持っておきたいと感じているところでございます。

そういった時間を意識的にとることで、より豊かな時間につながっていくと考えています。

【お金】証券口座の重要性

日本に生まれ、資本家、労働者、それぞれの人が様々な立ち位置で人生を選択し過ごしています。

労働者として真面目に働き、それなりの人生を日本で過ごすことができるのも、世界様々な国から見ると十分に幸せであり、豊かであったことは間違いありません。

ただ、これからの日本の人口減少予測から見ても、世界の中での日本の立ち位置は、かつてほど豊かではなくなりつつあります。

そしてなにより、資本主義こそが世界をより豊かに、便利にしてきた事は間違いないと考えています。

人口減少していくだろう日本と、人口がまだ増え続けるだろう世界を比較しても、日本だけでなく世界の成長に目を向けておく事は必要であると考えています。

資本主義社会において、働き対価を得る労働者も日本においては強く守られており素晴らしい側面が強いです。

ただ、それだけではなく、やはり資本家のポジションを取れる事は、より豊かに過ごしていくためにも、非常に重要なポイントとなるでしょう。

世界様々な会社のエリート達の頑張りに賭け、成長していく未来の流れに乗ることは、私は大切だと考えています。

世界の賢い人たちの頑張った成果を、株主という立場で利益の分前を享受する。

不労所得を得られ、かつ高い確率で資産を増やすことができる株式の成長を享受できる資本家と、そうでない人たちとの間に、差が空いてしまう事は言うまでもありません。

投資信託で世界数千銘柄(イーマクシススリムオールカントリー).米国主要500銘柄(イーマクシススリムS&P500)や、ETFで言えば、VOO.VTI.VTといった優良な商品に投資し、世界の成長に長期でかけられるようになった今の時代は非常に便利な時代になりました。

ただ、残念ながらこう言った素晴らしい商品は、銀行窓口や証券会社の窓口では99%お勧めされる事はありません。

銀行や証券会社にうまみのある手数料の高い商品を言葉巧みにオススメされることでしょう。

ただ幸いにも、今は窓口にいかずともネットでサクッと素晴らしい商品がかてるようになり便利な時代になりました。

そう言った意味でも証券口座は必須アイテムであると私は考えています。

楽天証券SBI証券は簡単に開設でき、特に楽天証券についてはアプリアイスピードの操作性も抜群です。

少額での個別銘柄分散投資は手数料の観点で見てもSBI証券に軍配が上がります。

インデックス投資、つみたてNISAなど行っていく上では、双方遜色なく素晴らしい証券口座でしょう。

AppleAmazonGoogle誰もが名前を知る優良な企業へ分散投資を行い、利益を享受していくことで、より豊かな未来につながる事は、自分自身積極的にとりにいきたいポジションです。

 

【人生】健康の重要性

昨今、2010年からの好調な投資相場により、お金、投資がブームとなってきた事は間違いありません。

私自身、証券口座をもつのが当たり前の時代になり、万人が伝統的な投資を行えるようになってきている事は非常にやいことであると感じています。

お金は自由の土台であり、重要です。

ただ、健康についてはそれ以上に重要であること考えています。

日常生活、旅行、趣味など、様々なやりたい事も、健康あってのものです。

お金のために体を壊すほど働いたり、不摂生な食事で体を壊してしまっては楽しいものも楽しめなくなってしまいます。

健康の重要性については、頭の片隅に、しっかりと置きながら生活をしていきたいなと感じています。

【人生】優雅な時間:小説を読む

昨今IT、デジタルの発達が凄まじい勢いで成長しております。

人類の生活をより豊かにしうる素晴らしい発展です。

スマホ一つでなんでも答えらしい答えが検索できてしまう時代。

非常に便利である反面、本を読む時間さえ取れない人が多くなってしまっているように感じます。

動画、映画は非常に素晴らしく私もよく活用しております。

ただ本には本の良い部分があることを忘れないでいただきたいものです。

うまく言語化されており、自分のペースで、想像力を膨らませながら読む時間は非常に有意義なものであります。

瞑想のような側面もあり、その世界に没頭して想像する、まさに、夢中になっている時間は現代ではなかなか取りづらい貴重な時間であると感じています。

小説などは特に非常に贅沢な時間の使い方です。

学びにならず、お金にもならない行為を避けるのではなく、存分に味わえる贅沢こそ、本当の意味で有意義な時間になり得ると考えております。

私は伊坂幸太郎さんの小説を特に好んでおります。

1.陽気なギャングは地球をまわす

2.陽気なギャングの日常と逆襲

3.陽気なギャングは3つ数えろ

このシリーズは特に読みやすく初めて読むにはうってつけです。

嘘を見抜ける男、スリの天才、演説の天才、正確な体内時計を持つ女、この4人の絡みとストーリー展開はなんともたまらない読了感があります。

秒速、爆速、動画、時短が求められる時代に忘れがちな、そのものを楽しむ心のゆとりをもち、有意義に時間を過ごしていきたいものです。

 

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:280px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:128px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1794693%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?me_id=1213310&item_id=11569033&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F3963%2F39633268.jpg%3F_ex%3D128x128&s=128x128&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a></td><td style="vertical-align:top;width:136px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1794693%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" >陽気なギャングが地球を回す祥伝社文庫) [ 伊坂 幸太郎 ]</a><br><span >価格:691円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2022/9/25時点)</span></p></td></tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>

 

【お金】航路を守る重要性

今現在非常に難しい相場がきています。

米国の金利上昇に伴い、先行きの不透明感もあり株価は下落傾向にあります。

幸いなのかわかりませんが、円安が重なり円建てベースで見ればまだ大きな下落率にはなっておりません。

逆イールドも発生し、近いタイミングの厳しい相場が予想され、なんとも難しい相場局面に来ています。

円安かと思えば為替介入、まさに世の中の変化は激動です。

こう言った時の個別銘柄については選別の技術が求められますが、もはや巻き込み下落も含めて相場は読めないといって良いでしょう。

こう言った時に力を発揮するのが分散の効いた伝統的なインデックス投資です。

例えば、ETFで言えば、VTI.VOO.VTといった米国や、米国を中心としたETFです。

また、投資信託で言えば、イーマクシススリムS&P500(米国主要500銘柄)やイーマクシススリムオールカントリー(米国を中心とした世界約3000銘柄)など分散の効いた投資信託です。

こう言った投資商品を買っても、航路を守らなければ本来の力が発揮されません。

定期積立にすることで感情を排除することができます。

円安だから積み立てをやめておこう、下落しそうだから積み立てをやめておこう、こう言った発想は相場が読めると言っているようなものです。

逆を言えば、こう言った難しい局面こそ安く買えるチャンスの、可能性が高く航路を守り続ける重要な局面です。

投資に絶対はありませんので、もしかしたら今後一生下がり続ける可能性もゼロではないでしょう。

ただ私自身は、伝統的な投資、世界の成長を信じて、少なからずリスクを取ることを好みます。

リスクを取らず全て円で持ち続けることにもリスクがあることを忘れてはいけません。

あくまで投資は自己責任です。自分自身の余力の範囲で、淡々と投資を続けていきます。

余力の範囲で投資をすることで、特に何も感じることなく淡々と投資を続けられるものです。

【オススメ証券口座】

SBI証券楽天証券はネット証券でも安心感のある2社かと感じています。

 

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:280px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:128px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16580394%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?me_id=1213310&item_id=20234593&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F2132%2F9784864882132.jpg%3F_ex%3D128x128&s=128x128&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a></td><td style="vertical-align:top;width:136px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16580394%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" >航路を守れ バンガードとインデックス革命の物語 [ ジョン・C・ボーグル ]</a><br><span >価格:3080円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2022/9/24時点)</span></p></td></tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>