ちりちリーマンの子供に伝えたい人生の教訓

良い考え方だなと感じた生きる知恵まとめ

【お金】航路を守る重要性

今現在非常に難しい相場がきています。

米国の金利上昇に伴い、先行きの不透明感もあり株価は下落傾向にあります。

幸いなのかわかりませんが、円安が重なり円建てベースで見ればまだ大きな下落率にはなっておりません。

逆イールドも発生し、近いタイミングの厳しい相場が予想され、なんとも難しい相場局面に来ています。

円安かと思えば為替介入、まさに世の中の変化は激動です。

こう言った時の個別銘柄については選別の技術が求められますが、もはや巻き込み下落も含めて相場は読めないといって良いでしょう。

こう言った時に力を発揮するのが分散の効いた伝統的なインデックス投資です。

例えば、ETFで言えば、VTI.VOO.VTといった米国や、米国を中心としたETFです。

また、投資信託で言えば、イーマクシススリムS&P500(米国主要500銘柄)やイーマクシススリムオールカントリー(米国を中心とした世界約3000銘柄)など分散の効いた投資信託です。

こう言った投資商品を買っても、航路を守らなければ本来の力が発揮されません。

定期積立にすることで感情を排除することができます。

円安だから積み立てをやめておこう、下落しそうだから積み立てをやめておこう、こう言った発想は相場が読めると言っているようなものです。

逆を言えば、こう言った難しい局面こそ安く買えるチャンスの、可能性が高く航路を守り続ける重要な局面です。

投資に絶対はありませんので、もしかしたら今後一生下がり続ける可能性もゼロではないでしょう。

ただ私自身は、伝統的な投資、世界の成長を信じて、少なからずリスクを取ることを好みます。

リスクを取らず全て円で持ち続けることにもリスクがあることを忘れてはいけません。

あくまで投資は自己責任です。自分自身の余力の範囲で、淡々と投資を続けていきます。

余力の範囲で投資をすることで、特に何も感じることなく淡々と投資を続けられるものです。

【オススメ証券口座】

SBI証券楽天証券はネット証券でも安心感のある2社かと感じています。

 

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:280px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:128px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16580394%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?me_id=1213310&item_id=20234593&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F2132%2F9784864882132.jpg%3F_ex%3D128x128&s=128x128&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a></td><td style="vertical-align:top;width:136px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/2bb38a52.923ac933.2bb38a53.a88d52fe/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16580394%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;" >航路を守れ バンガードとインデックス革命の物語 [ ジョン・C・ボーグル ]</a><br><span >価格:3080円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2022/9/24時点)</span></p></td></tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>