ちりちリーマンの子供に伝えたい人生の教訓

良い考え方だなと感じた生きる知恵まとめ

【お金】長期投資続けるポイント

昨今、優良商品のインデックス投資は20年以上の長期で見れば下がった事はない。

また昨今の好調相場でブームになり、投資をしていない人は情弱だと言う人も増えたのかなと感じています。

ただ、インデックス投資の前提の長期投資がいかに難しいか、感情が揺さぶられるかを感じている人も多いのではないでしょうか。

 

続けるポイントは2つです。

①積立設定を行い自動化する

②余力の範囲で行う

 

①積立設定を行い自動化する

例えば楽天証券楽天カードSBI証券三井住友カード等の組み合わせであれば、月々50,000円までならカード設定で自動積立できます。

かつ、ポイントもつきより効率的に投資できます。

何より設定してしまうことの最大のメリットは、感情が入らない事です。

毎月、決まった日にちがくれば自動的に50,000円積立される。

リーマンショックのような暴落、金利上昇による株価下落、その他の暴落においても、感情の付け入る余地を与えず、淡々と積立つづけられるのが最大のメリットでしょう。

インデックス投資の強さはトリニティスタディで賢い人たちが証明してくれています。

ただ、この長期で続ければの前提が思っている以上に難しいと感じているのではないでしょうか。

人間の感情は一定ではありません。

良い時もあれば悪い時もある、だからこそ自動化することで、より続けやすくなるのです。

 

②余力の範囲で行う

私もそうでしたが、始めた当初は日々株価が気になってしまったりと言うことがありました。

ただ、人生でのはじめての投資でしたので仕方ない事でしょう。

資産運用を始めた当初は、自分が思っている以上に投資余力は高くない事を受け入れましょう。

私の場合、生活の2年分を現金でもち、あとはオールカントリー、米国債で淡々と投資をおこなっています。

余力の範囲である事で、様々な情報に踊らされる事はほとんどなくなったと感じています。

 

上記2点を行う事で、上手に投資に寄り添い、付き合っていけるのではないでしょうか。

ただ、一度投資したからと言って20年絶対引き出してはいけないわけではありません。

優良な投資信託ETF流動性が高いところもメリットです。

気楽に投資に向き合い、後は人生で好きな人との時間や、趣味の時間を存分に楽しめれば良いと感じています。